ご慶事・ご法要

除厄祝の儀式

一般的に、厄年とされる歳廻りの時に厄落としの意を込めて行われます。
厄年には前厄、本厄、後厄があり、主に本厄の歳に除厄の儀式を行います。
男子は25歳、42歳、女子は19歳、33歳が厄年に当たり、
一般的には厄年に当たる節分に神社・仏閣にて厄除けのお祓いを受けます。
その後に、家族、近親者一同にて会食をするのが古来の習わしで、地域によっては、厄年に大判振る舞いをして、
厄を落とすのが善しとされた風習も現代に残っております。

儀式の流れ

  1. 1 参会者が着席します
  2. 2 除厄をされた方の前に 法楽焼 が用意されます
  3. 3 参会者の中で、一番の年長者より木槌が渡されます
  4. 4 イヤサーの掛け声と共に、木槌を振りかざします
  5. 5 ヨッシャーの掛け声と共に木槌にて法楽焼を打ち砕きます
  6.   【参列者は一同で柏手(かしわで)を打ちます】
  7. 6 一同“おめでとうございます”の声掛けと共に拍手をします
  8. 7 除厄者は法楽焼のかけらを紙袋に入れ、
  9.  参会者ひとりひとりに手渡して、御礼を述べます
除厄祝 木槌
木槌

ご予約・お問い合わせ

TEL 011-231-7280

すすきの浪花亭 創業・昭和三十七年

TEL 011-231-7280

住所 札幌市中央区南4条西4丁目7 松岡ビル1F

定休日 日曜・祝日

営業時間 17:00~22:00(LO21:30)

株式会社 すすきの浪花亭 株式会社 北のおみや